カテゴリ:Stanford Life( 13 )

国際派?

たまには身の回りの話を。
最近、共同研究でFoster CityのAB社に行ってます。この辺りの会社らしくだっだっ広い埋め立て地に平屋建ての建物が広がっています。飛行機と海、San Mateo Bridge、そして海鳥たちがいるだけです。会社の中では結構皆さん共同研究者には気を遣ってくれます。
で、本題ですが、
やはりこの辺りの会社らしくアメリカ人が本当に少ない。
先日もあるミーティングで、出席者の5人の中でNativeの英語を話す人はChinese American女性ひとだけで残りはイスラエル人、ロシア人、そして日本人二人でした。面白かったのはある単語をロシア人の方が言ったときに、イスラエル人と我々日本人はすぐにわかったのに、Nativeの彼女だけが聞き取れなかったことでした。うーむ、国際的な英語ってちょっと違うんですね。オリジナルとは。もちろん、僕の英語は大概なので聞き取ってもらうには大変苦労します。ここ数日は同僚のフランス人と一緒にABで実験しているので今度はフランスなまりの英語漬けです。だいぶなれましたが、基本的に母音が強いのでなれると楽ですね。今日彼女とも話していたのですが、Stanfordにいると本当にいろんな国から人がきていて、そして帰っていく人もいるので、将来旅行しようと思ったら困らないなぁと感じます。そして、ふたりで今年4月にブラジルに帰った共通の友人の話をして盛り上がりました。

最後に参考までにうちのラボの出身地構成は、
台湾、イギリス、イスラエル、ロシア、中国、アメリカ、フランス、日本、韓国、アイルランド。 先日まではこれにブラジルが加わっていました。日本のラボで2−3人留学生がいるだけで国際的と言っていると笑われます。ちなみにアメリカ人二人しかいません。もちろん、アメリカ人の多いラボもありますし、メンバーのうち半数はアメリカ市民権を持っているので、ある意味アメリカ人です。
[PR]
by KtomoSFD | 2005-06-08 10:34 | Stanford Life

People Soft/ニッポン放送

ニッポン放送が3千億円増資計画 フジ、子会社化狙う
出ましたポイズンピル。
初めて聞いたのは昨年のオラクルによるPeople買収劇の時だったのでした。オラクルの同業他社の買収だったわけですが、経営陣の必死の抵抗にもかかわらず、Peopleの株主たちはオラクルの傘下に入ることを望んだようです。

さて、今回のライブドアによるニッポン放送買収ですが、個人的にはこうやって色々かき回す堀江社長のような人は面白いと思います。ほぼ同年代の第二次ベビーブーム世代としては、既得権益にあぐらをかいている団塊の世代への挑戦状のように聞こえて爽快にに感じるときがあります。バブル崩壊後に社会に出た我々の世代はレールのないところに自らの道筋を見つけて何とかやっています。その仲でも突出している人たちは、多少のルール違反があろうとも世の中を変える行動が意義深い事を知っているのではないでしょうか?この問題が明るみになった当初、多くの企業経営者は否定的な意見を出していたものの、若手経営者からは歓迎の声が聞かれたと言う報道があったのも理解できます。

IT企業がコンテンツ拡充のために放送業界に乗り出してきたと言えるわけですが、はたしてこれはニッポン放送の株主に対してメリットがあるのでしょうか?ピープルソフトはポイズンピルまで用意して結局買収されましたが、ニッポン放送のバックにはフジテレビもいて、ライブドアも変則的な資金を導入している点でかなり不安定です。なぜ、一般的な提携でなくいきなり買収だったのかと言うことも疑問です。最終的にはライブドアがこの買収を上手く株主や視聴者に納得させることができるかどうかが鍵ではないかと、素人ながら見ています。

ライブドアのWebsiteでホリエモンがしゃべっているらしいので、その辺を期待して、今晩見てみようと思います。バイオとの関連はまたその時に…
[PR]
by KtomoSFD | 2005-02-24 04:19 | Stanford Life

トレジョのSake

赤間さんがBlogA-POTでワインのことを書いているのですが、お酒の話題。
一応、私は元醗酵工学科だったところの出身なので、お酒は好きです。中でも日本酒が。日本では少々高くても飲み会の時には一本は持って行っていたり、地酒の充実している居酒屋が好きでした。でも、アメリカでは… 日本でよく飲んでいた八重垣酒造(兵庫県姫路市)の「無」というおさけが日経のスーパーでもあるのですが、高い…4号瓶で$23くらい。同じくらいのクラスのカリフォルニアワインなら8ドルくらいで買えると思います。「無」の価値が$8度言うわけではなく、輸入日本酒が高くて、さらにカリフォルニアワインが安いと言う事にオドロキです。そういえばフランス人も「何でフランスワインがこんなに高いんだ!」と文句を言っていましたが、それでも$10くらい(もとは$3-4らしい。やすぅ)。

最も「無」自体は日本でも1500円くらいはしていたと思うので、輸入業者さんは非常に良心的な商売をしていらっしゃると思うのですが、それでもそんなにしょっちゅうは買えない。そこでTrader Joe'sで見つけました。その名も"Junmai Ginjyo Premium Sake"。たしか$11くらいでした。

さっそく家に帰ってお得意の鶏肉の旨煮を作って(刺身は高くて買えない)、冷蔵庫で数時間冷やしてからあわせてみました。さて、そのお味は。 悪くはないです。よく安売りしている松竹梅や大関に比べると全然マシです。でも、純米の割にコクがなくて、吟醸の割りに香りが弱いです。きちんと造っているんだろうなとは思うんですが、どうもコップについで一晩置いたように気が抜けてるんですよね。これならSafewayとかで売ってるHakusanの緑のラベルの方がまだ香りがあるような気がします。今度比べてみよう。でも、あれなら今度買うときはBVのカベルネを買うと思う。

先日、たまたまイベントで天狗舞の山廃純米を飲んだのですが、ガツンと来る味でうまかったっす。ちなみに1升で$40。ここまで量が増えるとReasonableですが、そんなに一般に飲めません(^^; 。 アメリカ人にも本当の酒の味を教えたいですねぇ。
[PR]
by KtomoSFD | 2005-02-22 16:15 | Stanford Life