ばい菌/Germ という表現

JTPAの渡辺千賀さんのBlogでのBest Entryをずーっと続けているばい菌回路なんですが、一応Biologistの目から見ると、「へー、そういうのをばい菌と呼ぶのか」と意外でした。

実際にはファージ(細菌に感染するウイルス)の表面にランダムにペプチド配列を表示させる「ファージディスプレイ法」を応用した方法のようです。この方法は元々、ある特定のタンパク質に結合する別のタンパク質を同定する(探してくる)ために開発された方法ですが、同じような技術の中では中程度に使われている、まぁそこそこの技術です。決してすごいテクニックではない。これをタンパク質との結合ではなくて、半導体と結合させるとは…確かにうまいことを考えたものですね。自己増殖できるウイルスを使うので、一旦結合したペプチドを持つウイルスを増殖させて、さらに良いものを作ることが可能です。実際には増幅する際に細菌(おそらく大腸菌)を使うので「ばい菌回路」というわけです。っていうか、「ウイルス回路」の方がぴんと来るんですが、そう書いてしまうとなんだかスパムを送信するための回路みたいですね。世の中には重金属を貯め込む生き物もいるくらいなので、確かにペプチドが半導体の表面を認識するというのはあり得るわけです。そしてその配列をPCRなどを使ってさらに「進化」させることも可能なんですよね。これはBiotechならではです。

バイオの世界では似たような発想として、酵素を改変して自分の好きな化合物を作らせることや、抗体をさらに進化させていろんな化学反応の手助けをさせてやるという発想はありました。これらはすべて改変する部分は小さいものの、分子量としては数万単位の結構大きな分子となり、しかも物質を認識する部位はタンパク質の比較的内部にまで奥まっていることが多いのです。それに対するとペプチドというのはせいぜい20アミノ酸までなので上述のタンパク質に比べると10-50分の1くらいの大きさしかなく、しかも進化的な手法もつかえる、もってこいのネタに仕上がるわけです。さらにもう一つつっこむと、生物学的に進化したペプチドはその分子構造をいじってやることによって化学的に安定な物質にも変換しうる… すばらしい! こう書いていると自分がバイオをやっていることに誇りを感じます。

さて、表題の「ばい菌」ですが、私はこの表現は苦手です。もちろん小さい頃は何も知らずに使っていましたが、その「ばい菌」を飯の寝たにしている以上、手についているばい菌と納豆を作るばい菌はもちろん区別しますし、それぞれの環境に適したばい菌達の生き様に見せられ手しまった以上はバイキンマンとて尊敬の対象になってしまいます。なので、それに変わる表現がどうしても見つからないとき以外はできるだけ学名や無難な通称名を使うことにしています。5年ほど前、日曜日にバンドの後輩を連れてラボに寄って酵母の遺伝子組み換えの状況をチェックしたところ、次の日には「○○さん、ばい菌見てにやにやしてたよぉ、かわいいとか言ってさぁ」と変人扱いされたものです。ミミズやアメンボだけやなくてばい菌も生きとんねん!
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-07-13 11:28 | Bio Business

CNETでblogを書いている江島さんがSan Mateoに来て新たなビジネスを立ち上げるらしいです。ここでかかれているのは英会話学校に行って(なんと授業料で100万!)、その後引っ越しの話等々書かれています。これを読んでいると来たばかりの時のハイテンションを思い出します。事細かに記録して、研究留学ネットにも投稿しましたね。

僕の場合は貧乏PhDだった上に超田舎に住んでいたので当然英会話学校もなく英語レベルはきわめて低かったのですが、幸い大学院の間に3年間アメリカ人のポスドクと机を隣り合わせて仕事したので何とかコミュニケーションはとれるレベルにはなっていました。本当に感謝感謝!

江島さんはWill>Skill信者と書いて、留学経験がなくてもアメリカで起業できると信じていると書いていらっしゃいますが、それは違うと思います。日本でのビジネス立ち上げの経験と、それだけの英語の準備があるのだから、僕から見ると江島さんのすでにSkillも十分に高いと思います。日本で事業立ち上げるなんて本当に大変そうですから。本人はそう思っていなくても、この文章を読んだ僕みたいなアホがアメリカでいきなり起業すると偉い目に遭うでしょう。そしてもう一つ、シリコンバレーの英語のレベルって言うのはだいぶ他の地域に比べると違うと思います。高いとか低いではなくて違うのです。ベクトルが違うって言うのでしょうか? 言葉でConvinceする能力もさることながら、ハイテクの聖地では技術や知識に対する尊敬が根強いこともあるので、どちらかというと若干エスニックのアクセントがある方が知的に聞こえて来るそうです。だから、それだけ準備をして、経験もあって、若い人(これも大きなファクター) と来れば必然的にポテンシャルが高くなっているわけです。

ちなみにそれ以上を求めると、JTPAの村山さんも言ってましたが、英語レベルは高ければ高いに越したことはないそうです。下手に聞こえてもしっかりとした文章で話されるといつの間にか説得されてます。(アクセントと文章力は別ですから) ちなみに僕はアメリカの他の地域や英語圏に住んだことはありませんのであしからず(^^;) 説得力ないなぁ…

で、最後にバイオに戻るのですが、日本人でこうやってビジネスを立ち上げる人たちからバイオに目をつける人が出てくる日は来るのか? (ちょっと方向は違うにしても)Genentechが始まった頃のように、シーズをバイオに求めて来る「起業家」は出るのか? この辺を最近考えています。

<余談ですが> 自分が渡米したときはスーツケース1つに書類の詰まった段ボール箱1つ。しかも資料を詰め込みすぎて重量オーバーで泣きながら来ました。その後も親に頼んで段ボール2箱送ってもらいましたが質素なもんでした。それが今や… うーむ、日本に考えるときの引っ越し代は考えたくないです… アメリカの家って広いんだもん
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-07-08 11:44 | Bio Business

愛校心

阪大をもっと愛して
なんだかキモチワルイですが、うちの学校なら本気でやりそうな気がします。不器用ながらも馬力で押してくる大学ですから。天神祭の船渡御に船出すって言うのは最高ですね。テレビ大阪でしかみれなさそうですがうれしい。

ただ、どうも舵取りとして不器用な感じが非常にします。スペシャリストを雇うことなく自前の人材でやってしまおうとするだろうし、おそらくこれまではそれでやってきたと思うんですが、本当の何を目標として進めるのか? それに卒業生にしても中の先生方にしても、それぞれでかなりの力を持っていたり成果を上げている人が多いので、まとめ上げるのは相当大変だと思います。

一応、まだアカデミックの人間なので歯切れが悪いですが、ポテンシャルがこれだけある大学のさらなるステップアップに協力したいです。

<ちなみに>
バブルがはじけてはいたものの、まだ景気のよかった1992年に僕が入学した当時、配られていたフリーペーパーに書いてあった阪大のイメージカラーは「グレー」。恋愛偏差値は50… (それ以下はなかったです。まさに灰色の門出でした…
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-07-07 09:37 | Who am I?

LSJ Summer Party 2005

かなり疲れましたが、LSJ2回目のパーティー、終了しました。参加していただいた皆さん、スポンサー企業の方々、ありがとうございました。LSJはただの勉強会なのですが、これだけ大きいパーティーをしてもこれだけ人が集まるのはうれしい限りです。あとは、身のある成果をいかに示すことができるかですね。そして、JBCでもそうなのですが、毎回のオーガナイザーミーティングは結構裏の話が聞けて楽しいものです。さぁて、後は仕事仕事、本業に精を出しましょう。
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-07-06 16:06 | JBC/LSJ

マスコミを通しての意見

赤間さんが書いてた新聞記事についてのコメント、非常に興味深かったです。

最近非常に感じるのですが、JBCは非常にいいコンテンツを提供してはいるものの、効率的に活用できてはいないのではないかという感じがあります。実際、JBCに参加し始めた頃は毎回自分でも記憶用にレポートを書いて残していて、毎回名刺をいただいた方にはメールして実際にその後のつきあいにもつながっているのですが、最近ではその他の用事、(JBCの場合事前の準備など) が多くてどうもうまく回っていない状況です。

前々回の日本での参加者の皆さんの中にはブログやメルマガでもっと詳しく書きたいという思いがあったと思います。でも、我々としては言葉が一人歩きすることをさけるために録画、録音を禁止して、さらにPublishする際には事前にチェックをすることにしています。いっそのこと完全にInvitation Onlyの秘密の会にしてしまうとやりやすいのかとも思いますが、そんな堅苦しい会など参加したくないですよね。難しいところです。ただ、今回のTipとしては、なんといっても、我々が取材され慣れていなぁということです。

さて、JBCのWebsiteも更新しなければ。。。前回の案内がでたままです。。。
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-06-30 04:51 | JBC/LSJ

赤間さんに紹介していただいて羊土社の「バイオテクノロジージャーナル」という雑誌にコラムを書いているのですが、そこに載せた記事の後日談です。(もし、読んでる人がいたらコメント下さい。)

今回はBiotechの企業にありながらアカデミックな活動で知られる人たちを紹介したのですが、そのうちの一人、SunesisのJim Wells氏ですが、なんと某UC系の大学へ教授として招聘されるそうです。で、そこの大学とJim Wellsを取り合ってたのがうちのDepartment、特にうちのボスだったみたいです。だから、名誉ある賞を贈ったり、べた褒めしたりして他のもうなずけますね。ま、もちろんそれに値する仕事をしていたわけですから当然ですが。それにしてももったいない…決め手は給料じゃないかっていう下世話な推測もできますが、おそらくそれ以上に提供できるラボのスペースやFacilityのレベルが違ったのではないかと思われます。ナンボ給料がよくたって、研究がしたくて大学に行くことを決めている人にはしれていると思います。SunesisもIPOの準備に入っているらしいので、そうなると経済的な成功はすでに約束されたも同然ですしね。ホント、コラムにも書きましたがいい目標となる人です。

ところでうちのDepartment、今年中に一人若手のPIがNeuroscienceに引き抜かれて、一人リタイアして、ラボ二つ分あく予定。さらにもう一人も半リタイア状態なんで、早く生きのいいPIにきてもらいたいもんです。
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-06-30 04:31 | Bio Research

先ほど、半年ぶりに仲の良かった韓国人の友達に会いました。ずっと同じフロアで働いていたのですが、今年の正月に韓国の某巨大電気メーカーS社のバイオ部門に引き抜かれてソウル近郊に帰っていきました。お子さんが学年末までアメリカに滞在していたとのことだったので、今回は家族の出迎えと、こちらとの共同研究の話をするためとのことです。元々ビジネスにも興味があった人ですが、どうやらStem Cellに関連したプロジェクトを始めたらしく、先月のソウル大 黄教授のScienceに出たペーパーが追い風になっていると行っていました。間違いなく、現時点で先頭を切っているのは韓国です。さて、倫理面を解決する方法を生み出していち早く事業化できるのか?それともアメリカ(特にカリフォルニア)が追いつくのか?

その彼、プロジェクト自体はまだアカデミックに近い基礎的な段階らしいですが、本当に先に進めるためには十分な実験と事業化のめどをここ数年以内に付けなければならないとのこと。そのために会社からGrantを獲得して実験を始めたそうです(会社内でGrantって言うのもすごいと思うんですが)。悩ましいと言いつつ顔の血色はいいし、はつらつとしていました。アメリカにはあり得ないこういうスタイルの研究も悪くない野出はないかと思っています。
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-06-09 09:18 | Bio Research

めちゃはや!

JBCを手伝っていただいている四元さん、さっそくBlogでJBCの報告していただいています。うーむ、私も2年前は思いっきり長いまとめ文を速攻で書いていたのですが。。。 なかなか難しいですね。ここだけの話とかも多いのでいい感じのまとめを書くのは。
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-06-08 10:39 | JBC/LSJ

国際派?

たまには身の回りの話を。
最近、共同研究でFoster CityのAB社に行ってます。この辺りの会社らしくだっだっ広い埋め立て地に平屋建ての建物が広がっています。飛行機と海、San Mateo Bridge、そして海鳥たちがいるだけです。会社の中では結構皆さん共同研究者には気を遣ってくれます。
で、本題ですが、
やはりこの辺りの会社らしくアメリカ人が本当に少ない。
先日もあるミーティングで、出席者の5人の中でNativeの英語を話す人はChinese American女性ひとだけで残りはイスラエル人、ロシア人、そして日本人二人でした。面白かったのはある単語をロシア人の方が言ったときに、イスラエル人と我々日本人はすぐにわかったのに、Nativeの彼女だけが聞き取れなかったことでした。うーむ、国際的な英語ってちょっと違うんですね。オリジナルとは。もちろん、僕の英語は大概なので聞き取ってもらうには大変苦労します。ここ数日は同僚のフランス人と一緒にABで実験しているので今度はフランスなまりの英語漬けです。だいぶなれましたが、基本的に母音が強いのでなれると楽ですね。今日彼女とも話していたのですが、Stanfordにいると本当にいろんな国から人がきていて、そして帰っていく人もいるので、将来旅行しようと思ったら困らないなぁと感じます。そして、ふたりで今年4月にブラジルに帰った共通の友人の話をして盛り上がりました。

最後に参考までにうちのラボの出身地構成は、
台湾、イギリス、イスラエル、ロシア、中国、アメリカ、フランス、日本、韓国、アイルランド。 先日まではこれにブラジルが加わっていました。日本のラボで2−3人留学生がいるだけで国際的と言っていると笑われます。ちなみにアメリカ人二人しかいません。もちろん、アメリカ人の多いラボもありますし、メンバーのうち半数はアメリカ市民権を持っているので、ある意味アメリカ人です。
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-06-08 10:34 | Stanford Life

元Merck CEOがやってきた

P. Roy Vagelos氏がMedical Schoolの学生とポスドク向けに特別講演をしました。
"The Changing Pharmaceutical Industry"
Vagelos氏は元々ワシントン大学などでEnzymologyの研究を行っており、アカデミックの世界でProfessor として活躍していました。ところが分子標的医薬の開発を進めるMerck社の目に留まり、開発部門のリーダーとしてヘッドハンティングされます。そこからスタチンをはじめとする数々の医薬品の開発を担当、さらに1985年から9年間、CEOとして腕をふるい、売上高の倍増(と公演では言ってました)に貢献したそうです。
[PR]
# by KtomoSFD | 2005-05-24 10:59 | Bio Research