そろそろ試薬業界を離れて2年になりますが、世界的な業界地図の塗替えが起こっているのではないかと思い、このエントリーを書きます。

数年前まではバイオの研究については米国の最先端をヨーロッパと日本が追いかける形があったので、試薬や研究用機器も新製品はまずアメリカで売れて、その後にヨーロッパと日本が追随する状況でした。そして日本では売上のピークを過ぎた後も使い続ける研究者が多く、長期的なサポートが求められます。

最近とある研究用の大型機器について世界での導入実績について触れる機会があったのですが、その機器については欧米に最初に導入された後(あるいはほぼ同時)に中国と韓国に導入されています。日本はというと… 高額な導入費用と、プロダクトライフサイクルの短さゆえに二の足を踏んでおり、実績はゼロ。おそらくライフサイエンス研究の市場ではまだ日本は世界の10%程度の予算を使っていると思われますが、その運用の大胆さにおいて、現時点では中国、韓国に遅れを撮り始めたといえると思います。
もちろん、機器の運用やデータの品質については日本が一日の長があることは否めませんので、現時点でそれら2つの地域に水を開けられているとは思いませんが、少なくとも以前とは環境が大きく変わってきていることは事実です。

「日本は世界中でも新薬を開発できる数少ない国の1つ」ということになっていますが、その力量については年々国際的な情勢が変わってきており、足元のライフサイエンス研究においても変化が起きつつ有ります。何でもかんでもお金をかければ良いとは思いませんが、適切なプラニングが益々必要になると感じます。

[PR]
by KtomoSFD | 2015-01-28 20:04 | Bio Business