Biotechで働くということ

久々にとあるBiotech企業の社長をされているMさんのBlogを見たのですが、
http://tng.blog37.fc2.com/blog-entry-591.html
「うーむ」とうなってしまうコメントでした。
Mさんにはぜひ成功したExecutiveになって、そのコミュニティーを一緒に作っていただきたいですね。

実は先週、BioHelixという団体の存在をはじめて知りました。
http://www.bayhelix.org/
中国系アメリカ人の方々のBio業界Executiveの集まりです。
確かに中国人はバイオ業界にExecutiveの数が多く、その人たちの「クラブ」の中でビジネスが成立する事はすばらしいことだと思います。

「ウェブ進化論」以来オピニオンリーダーとしてさらに有名になった梅田望夫さんは、2002年ごろに「日本人1万人移住計画」ということを提唱されていました。日本人にもっとSVを移住して活躍して欲しいということです。結果として絶対に日本社会にとってもBenefitとなるはずだ、という発想に渡米直後の私は正直言って理解できなかったのですが、その後、SVでの中国人、インド人、韓国人などの方々のプレゼンスを見せ付けられ、徐々に賛成に転じていきました。将来的にそういうコミュニティーの成立もありうると思いますが、JBCは今ではまずSVのバイオ業界の日本人の人口を増やしたい、という思いがあります。

設立当初はBayHelixもExecutiveばかりではなかったはずです。ぜひ、Executiveのコミュニティーに「入れてもらう」のではなく、「作り上げて」行きたいと思います。


ところで、最近こういうWebsiteを見つけました。
http://bioventure.info-i.jp/
これはこれで面白いですが、誰が作ったのか興味深々です。
[PR]
by KtomoSFD | 2010-02-23 21:04 | Bio Business