カテゴリ:Healthcare( 1 )

世界一の病院

スタンフォードのこども病院、LPCHで体重700グラムの新生児の心臓手術が成功したそうです。
Mercury Newsにもっと詳しかったのですが、登録しないと読めないのでこちらで紹介します。
 13週早く生まれてしまった上に心臓似先天性の奇形が見つかり、早期に手術しなければ体に酸素が回らない上体だったとか。心臓の大きさはぶどうの粒くらい(テレビで解説していた執刀医によると、親指の先くらいの大きさ)だったそうです、比較的大きな血管の手術だったそうですが、大きさは1.5lb。ほんと、手に乗るくらいの未熟児だったようです。そしてもちろん世界一小さな赤ちゃんの手術。スタンフォードでは特に小児心臓外科の充実にお金をかけており、全米から優秀なスタッフを集めているとか。

なぜこれまで私が驚いているかと言うと、私のごくごく親しい人も妊娠しており、なんと週齢で行くとほぼ同じ… すごいです。方やおなかの中、方や出てきて手術終わってますからね。
[PR]
by KtomoSFD | 2005-02-22 15:42 | Healthcare