カテゴリ:Jazz/Music( 4 )

トランペット

最近、数年ぶりくらいにまともにラッパを吹いています。よく考えたらまともなバンドで吹くのは4年半ぶり。アドリブ途中でハニワになったりもしましたが、やっぱり自分が好きなことをやるのは気持ちが良い。

ところで私の愛器Bach Stradivarius180MLSと言う楽器は非常にポピュラーな楽器なのですが、Yamahaなどのきっちり管理されたラインで作られている楽器に比べると1音の力はあるものの、コントロールが若干難があります。新しいうちはまだマシだったのですが、イロイロとパーツを変えたり、色んな環境で演奏しているうちにだんだんとぼろが出てきました…一番最悪なのが二番管と三番管の組み合わせ。音が曇ってまともに当たらないのです…  そうなると欲しくなってくるのが新しい楽器。Yamahaは欲しいけれどもあまりに普通なので、もう少しユニークな楽器が欲しいなぁと思っていたところ、何と昔あこがれていたLawlerというハンドメイドのメーカーのトランペットが$2000ほどの比較的Reasonableな値段で手にはいるらしいと言うことが判明!しかも何と、全米に四店しかない代理店のうちの一つがうちから車で五分くらいの所にあると言うではありませんか! 正直言ってまだ買えるほど生活に余裕がないですが、一度顔を出して吹かせてもらおうっと。
でも、よく考えたら毎年ラッパ余裕で買えるくらい、日米の行き来で金使ってるよなぁ… ほんと、外人生活もつらいっす。
[PR]
by KtomoSFD | 2006-12-23 08:27 | Jazz/Music

Dizzy Gillespie

昨日が誕生日だったとか。今朝、ロイ・エルトリッジとのDuoの曲をKCSMで流してました。ロイ・エルトリッジはバップ期の人気トランペッターでガレスピーのアイドルだったとか。「彼にとっては最高の一日だったに違いない」とDJは言っていましたが、プレイを聞いてみると…ん?プレイスタイルの違いは大きいですが、当時(恐らく50年代半ば)で勢いのあったガレスピーの方がどう聞いても上。最後の方の8バースに至ってはヒートアップするに至らずちょっともったいない感じ… 

良く、ガレスピー/マイルス/ブラウニー 以前(もしくは同時期)のトランペッターをわかりやすく表現するときに「(誰々)のフレーズから音を半分にした感じ」とか「(誰々)を少しへたにした感じ」とか失礼にも言ってしまうのですが、この3人は自分達のアイドルさえも超えてしまい、その後50年近く経っても新鮮に響くプレイスタイルを確立してしまっていたんですね。

Jazzに興味のない人にはちんぷんかんぷんですね。なんちゃってジャズ批評でした。
ちなみにBGMはWynton Marsalis Septet "Live at the Village Vanguard" もう10年以上前の録音です。この10年で彼のプレイスタイルは一旦先祖返りしましたが、最近また戻ってきているようですね。
[PR]
by KtomoSFD | 2005-10-23 07:11 | Jazz/Music

Box set

Bioのことをまともに書こうとするとどうしても正論、反論がまとまらないので音楽の話題を。

なぜか未だに日本のHMVのニュースレターがメールで届くのですが、今回のメールにWynton Marsalisの数年前のVillage Vanguardの7枚組ライブアルバムが特価販売になっていました。最近は日本でも音楽CDの値段は安くなってきていますが、さすがにこの手のコンプリート版やBox setになるとかなり値が張ります。で、「ふんふん、損ならアメリカの方が全然安いわい」と思ってネット検索すると… 出てきました。送料込みで$28.09。さすが!と思ったところ、あれ?一枚少ない… 8枚組のはずが7枚…  むむっ!と思って日本のサイトを調べてみると、なんと日本版のみボーナスCDつきなんですよねぇ。良く洋楽のアルバムにボーナストラックが着くのは知られていますが、Jazzのこの手の物の場合、1枚増えてオルタナティブバージョンと称して未発表トラック(結局は発売するにはいまいちのクオリティーだけど、聞き比べるとおもしろいという手のマニアックなバージョン)を聞くことができます。うーむ、ざんねん… それでもその一枚のために1000円以上(日本からの送料を考えると恐らく2000円以上) はもったいないので小遣いを奮発して久々のジャズ三昧。iPodminiのスペースを空けなければ。
[PR]
by KtomoSFD | 2005-10-09 07:48 | Jazz/Music

Dee Dee Bridgewater

なんだか新しい所に来てBioの話が少ないですが…
今、Dee Dee Bridgewater がラジオでライブで歌ってます。
シャンソンを… え?この人ってジャズやん… と思っていたら、実は18年間もフランスに住んでいたそうな。僕がJazzを始めたころにはフランスにいたことになります。いや、でもすごいです。MCまでフランスっぽくしてうけていますが、全体として非常に好ましいTasteになってますね。

さて、このLiveを流しているラジオ局、KCSMというのですがMember SupportedのNPOで90%が個人からの寄付で成り立ったいるそうです。1.社会から寄付することに対する認識の寛容さ、2.寄付による減税が一般的で気持ちよくお金を出せる、と言う2点。日本でも是非法制化して欲しいです。
[PR]
by KtomoSFD | 2005-02-25 14:29 | Jazz/Music