ノーベル賞

10月8日までに発表されている3賞(医学生理学、物理学、化学)のうち、自分にとって一番ピンと来た受賞者は、物理学の3氏でもGFPの下村氏でもなく… UCSDのRoger Tsienでした。GFPは確かにツールとして日常的に使っていたのですが、正直言ってその「タンパク質」としての発見者が日本人だったことは知りませんでした。今回日の目を浴びて嬉しい限り。ただ、Roger Tsienの受賞はひょっとすると早すぎたかもしれないという気もする。と言うのも、Rogerの受賞理由はFRETの発明だから。この原理は現在では生命現象の解明だけでなく、医薬品の開発にも用いられるようになってきており、材料もGFPから離れて様々な応用がなされている(一説にはGFPの特許を逃れるための応用という理由もある)。この技術から生み出された医薬品の数は今後どんどん増えると思われるだけに、今回の受賞は非常に早期に彼の業績を評価したと言える。ちなみにノーベル財団のWebsiteの彼の写真、若すぎます。今はお金持ちになっているためか、もっと恰幅の良いおっちゃん。

そしてそして、日本人として残念なのは、同様にGFPや同様の機能のあるタンパク質を発見、改変して様々な機能を持つツールを作り上げていて、国際的な評価も高い、理研の宮脇先生が外れていること。これは一つには理研発の技術のTranslationがうまくいっていないために、技術が広まっていないことも関係しているのではないか?とも勘ぐりたくなりました。
[PR]
by KtomoSFD | 2008-10-08 23:14 | Bio Research

080718 Biotech動向

ちょっとお堅めにビジネス関係の備忘録です。

日経には第一三共がSeattile Geneticsから抗体医薬の技術導入をしたということに
なっているが、BioSpaceでは一面、日本面共に情報無し。Ranbaxyとの買収交渉の進
展については載っていた。

Lonzaと協和発酵の同じく抗体技術に関する共同研究は、日経は「共同研究を始めた」
的な文章だったが、BioSpaceでは"Extend their Strategic Collaboration"となって
おり、どちらが正しいのか?

GNIがEpiCeptというアメリカの会社からウイルス性肝炎薬のアジア、オセアニア地区
での開発件を取得-子会社の上海Genomicsはともかく、GNIは開発主体の会社になりつ
つあるのだろうか?-->と思ったら、いつの間にか昨年末に創業社長が一身上の都合で
辞任、現在は中国人CEOの下でOperationが中国にシフトしていっている感じ。
(BioSpace)

そーせいが緊急避妊薬の日本でのPhase IIIを修了。(BioSpace)日経には第一三共がSeattile Geneticsから抗体医薬の技術導入をしたということに
なっているが、BioSpaceでは一面、日本面共に情報無し。Ranbaxyとの買収交渉の進
展については載っていた。

Lonzaと協和発酵の同じく抗体技術に関する共同研究は、日経は「共同研究を始めた」
的な文章だったが、BioSpaceでは"Extend their Strategic Collaboration"となって
おり、どちらが正しいのか?

GNIがEpiCeptというアメリカの会社からウイルス性肝炎薬のアジア、オセアニア地区
での開発件を取得-子会社の上海Genomicsはともかく、GNIは開発主体の会社になりつ
つあるのだろうか?-->と思ったら、いつの間にか昨年末に創業社長が一身上の都合で
辞任、現在は中国人CEOの下でOperationが中国にシフトしていっている感じ。
(BioSpace)

そーせいが緊急避妊薬の日本でのPhase IIIを修了。(BioSpace)
[PR]
by KtomoSFD | 2008-07-21 00:09 | Bio Research

ちょっと前の記事だったので元ネタを引っ張ってこれないのですが、日本でのiPS細胞研究への期待は相当なモノのようです。
http://www.dir.co.jp/research/bio-medi/index.html

人呼んで万能細胞のiPS(induced pluripotent stem cell)は確かにScientificにすごい。Potentialもあると思う。でも、
1)日本が最先端を行っていて、アメリカが追いついてくるから急いでもっと先に行こう。
2)研究を進めるためにお金をつぎ込もう。
3)お金をつぎ込んだらすぐに新しい治療法や薬ができてハッピー!

という方向に話が進んでいるように感じる。
まず、確かに山中先生はすごいけれども、「日本が」最先端というより、「iPS研究」という最先端の領域で山中先生ががんばっているという方が正しい。山中先生自身、これまでの日本の基礎医学者には珍しく、ちゃんと臨床を、しかも外科をやっている。日本の基礎医学の伝統的な本流でもなさそう。UCSFにもラボを持っていた(いまでも?)。次にお金。これは、結局元々基礎医学研究のためにとってあった予算を40億円横滑りにしただけ。つまり、他の領域がおろそかになっています。最後に実用化についてだが、日本では基礎医学の成果を実際に商業化を進めるためのシステムが欠如している。この状況を打開するべく(私も含めて)色んな人が努力しているわけだが、上述のような予算の使い方をしているため、既にある程度進んでいる技術の実用化の部分にお金が回ってこなくなっているらしい。もしこの状況が続けば、iPS研究の成果が実際に実用化できそうになったときに、実用化のノウハウを持たない素人集団が対処せざるを得ないのではないか…? というわけで、せっかく久々に日本の科学界に出てきたハッピーなニュース、持続して日本の科学力を高めるためにも、日本の力を過信せず、名ばかりの補助ではなく本気でシステムから見直して欲しいと思う。
[PR]
by KtomoSFD | 2008-07-16 23:12 | Bio Research

応用力/実は

一つ前のエントリーに関連することだけれども、最近自分が周りにあわせる能力が変わったと思う。別に上がったとは思わない。でも年齢が上がった分、自分より年上の人が何を考えているか見えてきたし、そのパターンを意識しなくても予想できるようになってきた。恐らく能力の高い人はぐぐっと短期間で若いうちに色んな経験を積んで、スタートのレベルが違うのだろうなと思う。なんで前の話と関係があるかというと、楽器の演奏でも同じようなことを経験する。比較的キャリアを積んでくると色んな曲、色んなジャンル、そして色んな人達と関わるようになってくる。そうすると、ぱっとあった瞬間に大体こんな音楽に仕上がりそうと言う雰囲気が何となく伝わってきて、トランペットを吹く準備が楽器を手にする前から始まっている感じがするんです。昔は全く何のイメージもなくリハに望んで、アーデモナイコーデモナイと言いながら、結局ろくな仕上がりにならないことも多かったのですが、スタートの時点での経験の差というのは、スタジオに入る前の準備段階で既に大きく作用しているなぁと思うわけです。
 ところでつい数ヶ月前から共同研究を始めた外科のMDの方、ドイツ人でパキパキとスケジュールをこなしていく割には意外に柔軟な点もあって、共同研究が費用にて慣れています。こちらもこちらで4年過ごして小慣れてきた頃なので、お互い適当なところを手を抜いて、肝心なところではきっちり話し合うことが出来、良い感じの緊張感を持って仕事が進んでいます。殆どの場合はこんなにうまくいかないことが多いのですが、今回はだいぶ楽ちん。どうやら先方も相手を見てから一緒に仕事をするかどうか結構品定めをしていたのではないかなぁという感じがします。基本的に一緒に仕事をする相手を選べるなんて贅沢は言ってられませんが、上手く力の配分をして、自分の本領を発揮するスタートラインまで以下に早くたどり着くかが、その後の成果につながっているような気がします。

うーむ、ちょっと哲学めいてわかりにくいな。もっと簡単に伝わるようにがんばろう。
[PR]
by KtomoSFD | 2006-12-23 08:47 | Bio Research

論文を書くと言うこと

正直言ってこんなことをポスドク5年目にもなって書くのは恥ずかしいのだけれども、ここに来てようやく論文を仕上げるって言うことがわかってきた気がする。(と言うか、今頃こんなことを言っている時点で研究者失格ですね。)どうも、今までは「自分の思った通りに行かなかったデータはボツ」的にしか仕事してこなかったので、これは研究費の無駄遣いにつながっていたと非常に反省。やはり、明確な大きなQuestionに対して白黒つけるような実験を組み立てることが一番大事。それさえあれば、後のサポーティブナデータは実はその補強でしかないので、どう転んでも良いはず。
こういうことって日本では教えないよなぁ、と思っていたら、よく考えたら論文の数自体では日本もそれほど負けてません。恐らく師匠の背中を見て上手くそれを実感して実行できる人が、本当の意味での優秀な研究者なのだと思う。ナンカカタイですが、こうやって思いついたことを明文化して表現できることもさらに必要なので書き留めます。
[PR]
by KtomoSFD | 2006-12-23 08:15 | Bio Research

ちょっといい話?

先日、久々のラボミーティングでの話し。
研究を進めていく上では壁にあたり、それを乗り越えることがいかに重要かという話になった。発端は学生の一人が研究の進度が思わしくないためにテーマを変えることを決断したこと。それをボスはおかしいと感じていたらしい。彼女曰く、「良い研究を進めていく上では時として大きな障壁が行く手を阻む。でもそれを乗り越えると本当に素晴らしい研究成果が残せる。このラボでも過去に順調に壁にあたらずに学位を取った学生がいたが、私は彼は不幸だと思う。壁にあたらなかったがために、研究の一番の醍醐味を味わうことができなかった。」ちなみにその学生は今、研究ではなく、ビジネスの世界に進んでいる。

この話の最中、周りを見ていると学生もポスドクもみんなそれほど実感できていないようだった。実際自分自身、「そんなんわかっとるわ!」と反発する気持ちもあったので、話が長引くことを承知でこう質問した。「確かにその意見はわかるんだけど、自分やここにいるメンバーはどちらかというと長い間壁に苦しめられている。もし良かったらあなたの経験を話してもらえないか?」と聞くと、彼女もどうやら雰囲気を察したようで、それからしばらく次のようなことを語った。

ー彼女は3つの壁にあたった。一つめは学生の時。彼女はアセチルコリンレセプターの解析を進めていた。モノクローナル抗体の作成技術が初めて論文で出たとき、彼女はその技術を習得してナントカ自分の研究に役立てたかった。結局、指導教授の反対を押し切り、1年かけていくつかの重要な抗体を作ることができた。ところがその時になって、抗体作成用の細胞株を保存していた冷蔵庫が壊れ、全て死んでしまった。その時点で残っている抗体で学位論文としようとしたが、Committieは「再現できない実験は認められない」といわれ、結局1年かけて作り直すことに。ふたを開けてみると1年後に作り直した抗体からさらに目的のタンパク質の細かい機能を解析することができ、良い論文を書くことができた。
二つめはポスドクの時。PKCの結晶化と立体構造解析を試みていた。その頃はPKCは一種類の蛋白質と信じられていたため、彼女はとにかく純度の高いPKCを精製することに執心するしかなかった。ポスからは毎日プレッシャーをかけられ、一緒にプロジェクトを進めていた同僚は半年でしびれを切らして母国に帰ってしまった。当時PKCは単一の分子と信じられていたのだが、その後11種類もの類似蛋白質が存在していることがわかっている。もちろん、彼女のプロジェクトは成功しなかったが、その当時に必死に研究を進めた経験がその後の彼女の大きな成功につながることになった。(ちなみに、それでも2年で3報書いている。そして、モノクロ作成技術とPKCというネタを持って、わずかポスドク2年でUCSFのポジションをゲットし、3つめの壁に挑む。)
三つ目はPKCの11種類もの似たような分子種が、異なるアンカー蛋白質によって制御されているという説と、それに絡む論文のPublishの過程。非常に新しい説であったために論文がどこの雑誌からもRejectされ、結局BBRCという雑誌に苦労の末に載せることができた。様々な反論に戦ったことで、彼女は自説をさらに強固にしている。1995年のとあるカンファレンスで、初めて他の研究者が自説を事実として引用したときのことが忘れられないという。そして件の論文はその後非常に多く引用されており、彼女はこの説についてScienceにReviewを書いた。

正直言って壁と言いつつ、その成果を自慢しているようにも読めるけれど、成功の影には多くの壁がある、つまり壁があるところにこそ成功があると実感することができた。この話の最後、2人の学生が涙を流していた。1人はプロジェクトを始めたばかりで「映画を見ているようだ」と感動して、もう1人は今まさに大きな壁にぶち当たっているところで「じゃぁ私のケースはどうなるのよ」と少し途方に暮れている感じだった。

かなりデリケートな雰囲気でしたが、これは書き留めておくに値すると思ったのでエントリーしておきます。ちなみに本人の許可等は得ていませんので突然消すかも知れません。でも日本語だしOKでしょう。
[PR]
by KtomoSFD | 2006-03-19 08:14 | Bio Research

あくまでも

↓の記事ですが、あくまでも「可能である」という話であって、私自身がやっているわけではありません。Fellowshipは持ってますが、それを基にボスを揺するような強引な取引をしているわけではありませんのであしからず… ただ、いわゆる「ベア」のように給料Upを待っているよりは、目に見える形で成果を主張する方法が有ると言うことです。もし自分がPIになった時のことを考えればGrantがとれるかどうかは死活問題になるので、「ポスドクの間は研究に専念」などとは言えませんよね。
少なくともGrantを書く状況で研究計画を立てると否が応でも3つ程度のAlternative experimentを用意することになって、よりSophisticateされた状況から実験を開始することができます。これはアメリカのGrantを読んで非常に勉強になりました。あとは、ボスとのコミュニケーションが密になるので、ラボの方向性を探るのに都合が良いと思います。

確かにうちのラボは比較的経済的には恵まれていますがPublicationという意味ではあまり恵まれていないので、これからその点をナントカしなければ…
[PR]
by KtomoSFD | 2005-11-14 17:38 | Bio Research

給料格差? 

いつか連載で書こうと思っていたのですが、書ききれないのでこちらに。
良く日本から来る先生方が「最近のポスドクは給料が良すぎる。それならもっと働いてもらわないと困る」という内容のことをおっしゃるのですが、半分納得しつつも半分は同意できない部分があります。確かに一部の特別プロジェクトのポスドクの給料は破格だと思います。ただ、そこに含んで考えなければならない部分がいくつかあることを忘れてはいけません。
前回のバイオテクノロジージャーナルの連載でもふれましたが、ポスドクの生活は一様に厳しいです。給料が多少良くても。なぜか?
1.給料には福利厚生は一切含まれません。家賃は額面を自分で払い、健康保険は国民健康保険。もちろん健康診断もなく、病気で倒れても誰も助けてくれません。
2.年齢的に20代後半。大体結婚するかしない化くらいの年代ですが、よほど奇特な人理解のある人でないとそんな酔狂な人と一生の誓いをしてくれる人はいません。
3.これが一番大きいのですが、次の職への保証がありません。昔は助手になるためのステップであったポスドクですが、今は多くのポスドクの契約が「3年後の4月1日には別の所に行ってください」という大前提があります。多少の前後はあれ、この3年の間に成果を上げて、就職活動もしなければならないことを考えてくれているボスは殆どいないでしょう。
さてスタンフォードと比べると、まずスタンフォードのポスドクの最低給料と比べると、日本の(たとえば学振)とほぼ同じと思います。しかーし、ここは交渉の国アメリカ!この額面がそのまま給料になっていると思ったら大間違い。やり方次第で給料もアップできるわけです。まずFellowshipを持っているとそれに色を付けてもらうのは比較的交渉しやすいでしょう。さらに、自分の成果がボスのグラントに直結していて、それが元でグランとを獲得できればかなり交渉へのカードとして大きな物になります。搦め手としてはボスのメインのプロジェクトから少し外れるグラントを独自に書いてボスの名前を借りて出す→獲得できれば自分のプロジェクトとしてさらに交渉のカードとできます。(アメリカ人はこうやって獲得したグラントを継続してJob Huntingの時に利用するそうですが、ブッシュ政権の間は獲得するのは大変だと思います。)

毎年サイエンスなどにもポスドクの平均給料は掲載されますが、それは大学経由の給料なので、アメリカのポスドク達はその辺うまくやってナントカ自分の食い扶持を他からも稼いでいると思われます。ここまで考え合わせると、人材の流動が活発なアメリカと、硬直してる日本でのポスドク生活、大きく違いますよね。日本では臨時雇い扱いでローンも組めないのに、アメリカではポスドク(というか学生)のうちから共働きで家を買う人もいます。

数値データは例によって引用してませんが、体感経済感覚では日本のポスドクの状況はだいぶかわいそうだとやはり思います。そして、「優秀なポスドクを育てる」といくら旗を振っても、一部の有名ラボ出身者を優遇するばかりでは、日本のサイエンスのボトムアップにはつながら無いと思います。研究以外のキャリアを選ぶ人は実はその業界(私の場合はバイオ)の宣伝役となるはずなのに、ただの切り捨てで良いのか? 前回の連載にはこういう疑問を含めたつもりでしたが伝わりましたでしょうか? 
[PR]
by KtomoSFD | 2005-11-05 13:03 | Bio Research

Will Call

赤間さんのBlogでの話Will Call Customer
Will callはいわゆる「お取り置き」だと思っているのですが 、私の場合コンサートに言ったときにいつも利用してます。ネットで予約した場合郵送手数料がない分安かったり、直前でも確実に席が確保できるので重宝してます。でも、日本ではチケットカウンターで普通に購入するのと同じでお取り置きしてくれる場合が多い(といっても知り合いが絡んでいるイベントの場合ですが)ので手数料を取られるのが少し不思議。

で、赤間さんはわざわざ器具メーカーの倉庫まで当日必要な器具を取りに行ったら"WILL CALL'窓口で受け取ったそうです。「便利だなー」と膝を打ったのですが、よく考えるとスタンフォードキャンパスにはBiosotresと呼ばれるオンキャンパスの「試薬のお店」があります。たとえばプラスミド構築をしていてLigationを始めてから「大腸菌のコンピテントセルがない!」といっても大丈夫。午後4時までならBiosoresのディープフリーザーに取りに行けばOK。しかもこの店、デリバリーが無料なので経費節減にもなります。さらに、頻繁にキャンペーンでQiagenの製品の10%Off Saleとか、アイスクリームやドーナツを配るなど販促にも力を入れてます。いやー、これになれるといくら便利とはいえ日本の納入業者さんに頼る実験はできなくなってきて…
[PR]
by KtomoSFD | 2005-10-23 06:31 | Bio Research

先週の金曜日、Medical Schoolのキャリアセンターと大学全体のキャリアセンター共催による表題セミナーに参加した。参加者は大学院生とポスドク4−50人くらい。大体まんべんなく男女差、国籍別もいるようだったけど、恐らく日本人は私一人。やはり帰国することしか考えてないとこうなりますね。大学に戻るときにはこの手の自分認識が必要とも思うのですが。

内容はどちらかというと自分をIndustryに売り込むときに自分の能力がどう備わっているかきっちり認識することを学ぶもの。Scientistとして売り込むときにどうしても研究における技術的な内容ばかりを意識しがちだが、実際にはどういうそれ以外の個人としてのリーダーシップやチームワーク(Personal Characteristics)、包括的に仕事を進めていく上での研究のデザインやコラボレーションの能力(Transferable Skills)も重要視される。わざわざ1スライドを使って”Top 5 Marketable Skills"としてCommunicaion, Honesty/Integrity, Motication/Initiative, Strong Work Ethic, Teamwork, の5つの重要性を強調していた。要はサイエンティストはこのあたりを見落としがちだと見ることもできる。最近はHonestyを問われる話題も多いので、特に日本の企業だとこの点も重視するかも知れませんね。

個人的には普段きっちり評価する事のない、自分のテクニック以外の部分を言葉に置き換えてアピールできるようにまとめる必要性を感じました。いくら能力があっても実際に何ができるのか、どうしたいのかを伝えることができなければ採用されようもありませんよね。
[PR]
by KtomoSFD | 2005-10-18 05:53 | Bio Research