「ものづくり」の前提?

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/1027/index.html
「物をたくさん作ったらば、地獄に行くってことですよ。(by出井伸之)」
不思議な事に、再生医療では限られた医療費、少量多品種という状況にもかかわらず、将来は規模の経済が適用されるという前提で周辺技術の市場について議論が進行している。このまま進むと今のメジャープレイヤーは医療用に向けた投資ができず、継続的な技術開発は望めないのではないのか?何が本当に産業界にとっての「うまみ」か?を考える必要がある。
「ものづくり」という言葉がもてはやされて久しいが、何を、どのレベルで「つくる」のか?が変化している。製品のコンセプトから部品、組立、最終製品、グローバル販売チャネル、マーケティングまで全て「オールジャパン」で済ませることはありえない。
それよりは、ネスレ、ロシュのような「グローバル企業」をどうやって日本から生み出すかがキーだと思います。
[PR]
by KtomoSFD | 2012-10-29 00:20 | Bio Business