そろそろ試薬業界を離れて2年になりますが、世界的な業界地図の塗替えが起こっているのではないかと思い、このエントリーを書きます。

数年前まではバイオの研究については米国の最先端をヨーロッパと日本が追いかける形があったので、試薬や研究用機器も新製品はまずアメリカで売れて、その後にヨーロッパと日本が追随する状況でした。そして日本では売上のピークを過ぎた後も使い続ける研究者が多く、長期的なサポートが求められます。

最近とある研究用の大型機器について世界での導入実績について触れる機会があったのですが、その機器については欧米に最初に導入された後(あるいはほぼ同時)に中国と韓国に導入されています。日本はというと… 高額な導入費用と、プロダクトライフサイクルの短さゆえに二の足を踏んでおり、実績はゼロ。おそらくライフサイエンス研究の市場ではまだ日本は世界の10%程度の予算を使っていると思われますが、その運用の大胆さにおいて、現時点では中国、韓国に遅れを撮り始めたといえると思います。
もちろん、機器の運用やデータの品質については日本が一日の長があることは否めませんので、現時点でそれら2つの地域に水を開けられているとは思いませんが、少なくとも以前とは環境が大きく変わってきていることは事実です。

「日本は世界中でも新薬を開発できる数少ない国の1つ」ということになっていますが、その力量については年々国際的な情勢が変わってきており、足元のライフサイエンス研究においても変化が起きつつ有ります。何でもかんでもお金をかければ良いとは思いませんが、適切なプラニングが益々必要になると感じます。

[PR]
# by KtomoSFD | 2015-01-28 20:04 | Bio Business

「ものづくり」の前提?

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/1027/index.html
「物をたくさん作ったらば、地獄に行くってことですよ。(by出井伸之)」
不思議な事に、再生医療では限られた医療費、少量多品種という状況にもかかわらず、将来は規模の経済が適用されるという前提で周辺技術の市場について議論が進行している。このまま進むと今のメジャープレイヤーは医療用に向けた投資ができず、継続的な技術開発は望めないのではないのか?何が本当に産業界にとっての「うまみ」か?を考える必要がある。
「ものづくり」という言葉がもてはやされて久しいが、何を、どのレベルで「つくる」のか?が変化している。製品のコンセプトから部品、組立、最終製品、グローバル販売チャネル、マーケティングまで全て「オールジャパン」で済ませることはありえない。
それよりは、ネスレ、ロシュのような「グローバル企業」をどうやって日本から生み出すかがキーだと思います。
[PR]
# by KtomoSFD | 2012-10-29 00:20 | Bio Business

PhD 英語 営業

NHKの「国際人」をテーマに取り上げている特集番組を見ました。途中で博士人材の話題があり、あるいはポスドクで路頭に迷っている人を見ているから、ドクターコースに進学する人が激減しているという話がありました。それに絡めて…

最近、同僚が二人転職して行った。メガファーマでMSL(Medical Science Liaison)をやるそうで、給料も良いらしい。そういえば私にもLinkedIn経由でのコンタクト申請が最近増えてきていて、同様の話は何度か伺ったことがある。給料も今の4割増しくらいになる。
共通しているのは
 1.PhDを持っている。
 2.ビジネス英語上級者。
 3.営業経験がある。
自分の場合は営業よりは事業開発の方の経験になるので少し違うが、どうやらこの3つを持っている30代の人材は今のところピンポイントで売手市場になっている。MRでの営業活動だけで製品の市場浸透が十分に達成できなかったメガファーマが、アメリカでの成功体験からMSLを日本に導入してMDの先生方と対等に議論できる体制を整え、内資との差別化を図っていという構図と予想する。

大学院に入った15年ほど前にはこんなところでPhDが活躍できるとは思っていなかったけれども、着実にビジネス能力を高めて上記の3つを獲得している人には今回道が開けたということになる。もちろん、今後このMSLが日本に定着しない可能性もあるが、その場合でもこの手の人材は他にもスキルを身に着けていることが多いので、新たな道を開拓していくのだと思う。

さて振り返って、自分はどうするかですが… うーむ、給料は魅力なんですが…
[PR]
# by KtomoSFD | 2012-10-24 01:41 | Bio Business

何気なく参加する形でLinkedInの英語版の医薬品、Biotechのライセンス、事業開発系のグループに参加している。現時点で7−8グループ。
これに対して日本語でコミュニケーションをとっているグループが気になって検索してみたところ、
「医薬」「ライセンス」ではゼロ。
「ライセンス」でかろうじてビジネス関係のグループが数個ヒットするが、「医薬」だとスマホの活用術のグループが一つだけ。

LinkedInがまだ日本に浸透していないことが原因か、ひょっとすると、自分で始めてみると意外に情報が集まってくるのでしょうか?
[PR]
# by KtomoSFD | 2012-09-23 16:42 | Bio Business

龍馬脱藩

友人が会社を辞めた。
大河ドラマの龍馬伝の「龍馬脱藩」のオンエアに合わせてだっただけに、脱藩したと本人はうそぶいている。

自分にとっての脱藩は;
周りと一緒に就職せずに博士に進んだ事。
ポスドク2年目で見切りを付けて恩師に頼み込んで留学した事。
頼み込んで留学したにもかかわらず、勝手にビジネスの世界に飛び込んだ事(先生本当にゴメンナサイ)

脱藩に比べて重みは無いかもしれないけれども、様々な環境に自分をおく事で、人間は成長すると思う。大企業でも中小でも、変化に富んだ環境に恵まれた人、あるいは変化を呼び込んだ人は成長する。逆に転職しても環境が変わっても、Mindが変わらない人は不幸かもしれない。

義理の母はキムチを漬けるとき、白菜の微妙な味の違いにあわせてつけ込む材料を加減しているらしい、時にはリンゴをすって入れている。単純作業の中にも創意工夫は潜んでいる。逆に一件ダイナミックに見える仕事でも、工夫無く人間の感情だけで動いている事が多い。
[PR]
# by KtomoSFD | 2010-04-19 23:05 | Who am I?

「使い方」の使い方

最近目にした2009年刊の本、
株式会社リバネス » 「博士号」の使い方

BMB2008での小職の講演タイトル
1F23 「目標達成のための“PhD”の使い方 ―ポスドク,留学経験はどう活かされるのか?」

少しでもインスピレーションを与えているんだったら、うれしいですね(^^)
[PR]
# by KtomoSFD | 2010-04-19 22:32 | Bio Business

患者団体 x Discovery Service

昨日触れたCHDI、今年の1月にEvotecとの契約を延長し、3年間で最大$37.5Mの資金提供をするとの事。彼らのWebsiteによるとAMRIという別の開発企業ともアライアンスを行っているようだ。これだけの資金力がどこから来るのか? 資産家からの寄付でこれほど潤うのだろうか?
[PR]
# by KtomoSFD | 2010-03-29 23:52 | Bio Business

最近、Table for Twoの小暮氏や、マザーハウスの山口氏のような社会起業家のことがよく話題に上る。その新しい感じのする肩書きが一人歩きしている感じが非常にしていたが、グロービスの堀氏が書いている文章
http://www.globis.jp/1234
を読んで、少し納得した。結局は企業を成功させる目的としては社会への利益還元の仕組みをどう作るか、という目的のために両者ともに動いているはずなので、社会起業家たるものをわざわざ定義してその枠にはめる、という作業は必要ない、というわけだ。

そこで思い出したのが、2008年に産学連携を手伝っている時に研究した一つのシステム、NPO法人の製薬企業体である。
きっかけは
Institute for One World Health
サンフランシスコにHQをおき、第三世界における治療法のない、あるいは極めて高価な薬剤しか存在せず、経済的な理由から多くの人々が命を落としている疾患に対して、治療薬の開発を行っている。彼らの仕組みの面白い所は、大学(UCバークレー)の技術を活かして安価な抗マラリア薬を開発する部分をスタートアップのバイオ企業に委託、製造し、資金面ではゲイツ財団から$42Mもの出資を引き出して事業としても仕組みを確立している所にある。同様のシステムが動いているか?ということを考えて調べてみると、CHDIというハンチントン病という難病の患者団体がBiotechに出資して化合物のスクリーニングから開発に至るバリューチェーンを製薬メーカーのごとく自前の資金を持ってコントロールしていたり、DNDiという国際組織も抗マラリア薬開発のために、研究費をだして実際の創薬を進めている。

「創薬」という作業はBiotechのベンチャー企業としての商業的な成果にばかり目がとられがちであるが、実際には「健康への奉仕」という部分での「人間(消費者)の根源の欲求」、そしてそこで働く人達の「働き甲斐」を満たしてくれる、という意味で、決してメジャーではないけれども何らかの仕組みが既に動いている事実は、日本ではあまり知られていないように感じる。このシステムでは採算性は「一人の患者に一日1ドル」という治療単価に見合う形での治療法を確立する、という方針から出発する。これは、将来的に援助団体が寄付でまかなえる価格設定であり、技術をライセンスする大学は、発展途上国向けにはロイヤルティーを要求しない契約となっている。

この仕組み、せっかくなので日本の大学発の技術も同様の仕組みに載せて、もっと貢献できるのでは無いかと思います。 まだまだ書き足りないので、続きは後日。。。
[PR]
# by KtomoSFD | 2010-03-29 00:24 | Bio Business

Biotechで働くということ

久々にとあるBiotech企業の社長をされているMさんのBlogを見たのですが、
http://tng.blog37.fc2.com/blog-entry-591.html
「うーむ」とうなってしまうコメントでした。
Mさんにはぜひ成功したExecutiveになって、そのコミュニティーを一緒に作っていただきたいですね。

実は先週、BioHelixという団体の存在をはじめて知りました。
http://www.bayhelix.org/
中国系アメリカ人の方々のBio業界Executiveの集まりです。
確かに中国人はバイオ業界にExecutiveの数が多く、その人たちの「クラブ」の中でビジネスが成立する事はすばらしいことだと思います。

「ウェブ進化論」以来オピニオンリーダーとしてさらに有名になった梅田望夫さんは、2002年ごろに「日本人1万人移住計画」ということを提唱されていました。日本人にもっとSVを移住して活躍して欲しいということです。結果として絶対に日本社会にとってもBenefitとなるはずだ、という発想に渡米直後の私は正直言って理解できなかったのですが、その後、SVでの中国人、インド人、韓国人などの方々のプレゼンスを見せ付けられ、徐々に賛成に転じていきました。将来的にそういうコミュニティーの成立もありうると思いますが、JBCは今ではまずSVのバイオ業界の日本人の人口を増やしたい、という思いがあります。

設立当初はBayHelixもExecutiveばかりではなかったはずです。ぜひ、Executiveのコミュニティーに「入れてもらう」のではなく、「作り上げて」行きたいと思います。


ところで、最近こういうWebsiteを見つけました。
http://bioventure.info-i.jp/
これはこれで面白いですが、誰が作ったのか興味深々です。
[PR]
# by KtomoSFD | 2010-02-23 21:04 | Bio Business

iPSでにぎわっている昨今の日本のバイオ業界。「基礎技術こそが日本の技術立国の生命線」という名目の元、多額の研究費がつきこまれている。では、その研究費はどこから出ているのか考えている人は研究者以外には少ないと思う。この不況の中財源がそれほどあるはずがなく、結局は他の研究分野への助成金を削っているだけらしい。つまり、第二のiPSとなりうる技術の芽は減っているということではないか?との疑問も出る。もう1つ意外な噂を聞いた。大学の先生方の研究費は削れない、となると、どこから削るか?しわ寄せはより弱者、若手の研究者、つまり、ポスドクに来ているらしい。学術振興会のポスドクは年間150万円の研究費を受けることが出来る。これが、なんと削られているとの話。裏はとっていないので保障は出来ないが、事実であれば、ノーベル賞受賞者を増やすなんてことどころか、研究者の若い芽を摘んでいるとしか思えない。

ポスドクといえば、先日ストラスブールに行った際にHFSPの事務局を訪れる機会があった。自分も応募した人間として例を述べたのだが、日本からの応募者数が年々減っていて、費用の大部分を負担している日本としては大問題になっているらしい。国内で優秀なポスドクを目の前のプロジェクトのために囲っている結果、こんな結果になっているのではないだろうか?

逆に自分の関っている基礎技術からの創薬への道も、システムは出来たものの、実際には理念や組織作りばかりが先行し、成功例がまだ多くはない。そもそも、シリコンバレーのベンチャーのモデルを想定していることが多いのだが、実際を知っている人が殆どいない。ちなみに、「視察」や「取材」と称してシリコンバレーを訪問するバイオ関係者は数知れず。でも、実際にはそれぞれの立場に都合の良いようなネタを持って帰るのが現状だったようにも思える。

というわけで、基礎研究のためにも応用技術にしても、先ずは数少ない成功例を作るべく、頑張っています。論より実行!
メリークリスマス!
[PR]
# by KtomoSFD | 2008-12-25 23:26 | Bio Business